水素トラック共同開発 ホンダといすゞ 商用車で普及目指す(2020/1/15日経1)

 

ホンダは燃料に水素を使う燃料電池車(FCV)で、いすゞ自動車とトラックを共同開発する。ホンダがFCV技術を社外に提供するのは初めて。

 

FCVは水素の供給インフラが乏しく普及が進まないが商用車なら走行ルートに応じ拠点を整えやすい。早期の事業化を目指し、走行時に温暖化ガスを一切出さず「究極のエコカー」として世界的に注目されるFCVの普及に弾みをつける。

 

FCVは水素と空気中の酸素を反応させて電気を発生させる。走行時に出るのは水だけで、クリーンな技術として注目される。しかしFCVは仕組みが複雑でコストが高い、とのこと。

 

 

FCVは未来っぽいですね。クリーンさも勝っているようですがお値段が高いそうです。

 

そうなると、好きか嫌いかではなく手が届かないです。そしてecoを目指すなら自家用車は不要と言わねばならない時代になりそうです。それでも、道路から車が消えることはないでしょう。

 

電気をつくる」vs「水素をつくる」はeco観点で水素の勝ちのようですし、水素から電気エネルギーをつくるというのがSmartなので未来の車は水素Carであって欲しいです。

 

FCVの開発には、さまざまに競争があるようですが、開発は「競う」より「共に」で行うのが未来志向だと思います。水素トラック、買えないでしょうけど乗ってみたいなぁ。