ギルドットコムブログ

 
足立G独立への道

足立G独立への道 第4歩「運行管理者試験」

独立への道 第4歩「運行管理者試験」

 

こんにちは。G.supportの森です。

 

運送会社の運営にとって、核となるのが「運行管理業務」です。安全運行のために運送会社が守らなければいけないルールはたくさんあります。

 

特に、トラックドライバーだけで独立を目指す足立Gは、1人1人がドライバーであり経営者です。事業者の立場として、より深い安全管理への理解と実践が必要です。そのため、「全員、運行管理者試験の受験を必須」としています。

 

運行管理者試験とは?

運送会社が守らなければいけないルールを体系的に学ぶことが出来るのが、「運行管理者試験」です。出題分野は下記の5分野です。

  • 貨物事業者運送事業法関係
  • 道路運送車両法関係
  • 道路交通法関係
  • 労働基準法関係
  • その他実務上の知識及び能力 

(合格率は2020年(令和2年度)第1回の試験で、30.7%です。)

 

足立Gドライバーの勉強方法

足立Gメンバーは資格試験に縁がなかったドライバーが多いですが、今のところ、なんと5人中4人が合格しています!

そこで、合格したドライバーに勉強方法の秘訣を聞いてみました。

 

①過去問をひたすらやり、間違えた箇所を覚えるまで復習する。

②運行管理者試験アプリを荷待ち時間にやる。

③信号待ちの時間で過去問1問解く。

④講習に参加する。

 

やはり過去問を繰り返しやるのが王道のようです。皆、仕事をしながら隙間時間を見つけて頑張っていました。

 

全員受験の効果

ただ単に、知識が深まったというだけでなく、こんな効果が出てきました。

 

・仕事の理解度が深まる。

拘束時間管理や、運転時間管理、点呼や点検、毎月やっている安全教育など、「なぜこれが必要なのか」が分かり、日々の業務への理解が深まり、安全に対する意識が高まった。

 

・ドライバー相互でルールを守る仕組みができた。

5人全員が運行管理者試験を受験することによって、だれか一人が管理するのではなく、全員でルールを守るという意識ができた。運行管理上、怪しいと思ったら全員で話し合い、改善する環境ができた。

 

・仕事へのプライド

私(森)がドライバー達を見ていて思った事ですが、自分の仕事に対してのプライドが生まれたように思います。あと、「俺は他のドライバーと違うんでい!」っていうプライドも。いいことですね。

 

今週の一枚

 

雨も滴るいい車!愛車はいつもピカピカ!(マルイ)