延期 空前の難事業 準備、振出しに(2020/3/25日経3)

 

新型コロナウイルスのパンデミックによって、日本が莫大な資金と時間を投じて準備してきたスポーツの祭典は1年程度延期されることが決まった。

 

開催国の日本は、五輪・パラリンピックの延期という前代未聞の難事業と向き合うことになる。日本にとって、中止という最悪の事態は避けられた。

 

だが、政府が国家プロジェクトとも表現してきた巨大イベントを先送りする難事業を実現するには、競技会場をはじめとする関係施設の再確保など高いハードルをいくつも越えなければならない、とのこと。

 

子供の頃、雨天中止となった運動会が順延日も雨で中止になりました。残念だったです。。。

 

オリンピックも同じです。平和の祭典ですもの。平和じゃなければ開催できません。準備に大金が掛ったのも知っていますし、大変な苦労をしてきた人達も知っています。

 

残念ですが、先ずは延期です。そうなると、またまた大変な準備が続きますし、お金ももっと必要です。でも、延期しても開催できない可能性もあります。

 

私が町内運動会の幹事だったら、出来る環境になるまで待って、無理のない範囲で規模を小さくして開催します。楽しみにしていた人達と応援してくれた人達にお詫びします。きっと許してくれると思います。

 

でも、東京五輪だったら、のっぴきならない事情もあるでしょうし、大金も動いているのですよね。でもいまは、平和を願う世界の人々の心が全力でCovid-19の封じ込めに向かって欲しいと思います。